トップページ>市民活動支援センターの事業紹介

市民活動支援センターの事業紹介

「伊達市市民活動支援センター」は下記の通り「4つの基本機能」と「整備目標としての4つの機能」を軸に運営されます。

4つの基本機能

  1. 各種相談機能 =市民活動全般の相談(活動の始め方から困ったときの対処法まで)を受け、一緒に解決の道筋を探すことで、市民活動を支援します。
  2. 各種拠点機能 =会議スペースからパソコン・コピー機提供まで、支援センターが、図書館や会議室のある「伊達ふれあいセンター」にあることをフル活用して、市民団体等の拠点機能の一部を担います。
  3. 各種情報収集・発信機能 =機関紙「伊達市市民活動支援センターNEWS」やホームページ等の自主媒体にとどめず、伊達市広報や地域の各種メディアを活用して、市民活動情報の収集・発信につとめ、情報面から市民活動を支援します。
  4. マッチング(引き合わせ機能) =さまざまなネットワークや連携を活用し、問題解決に必要な情報・団体・個人を引き合わせること(マッチング機能)で市民活動を支援します。

整備目標としての4つの機能(徐々に充実させていく機能です)

  1. ネットワーク機能 =伊達市の市民団体や関係機関のネットワークに留めず、内外の団体・メディア・学術機関・企業等へもネットワークを拡げ、連携網の充実を図ることを通して、市民活動を支援します。
  2. 研修・交流・養成機能 =市民活動の活性化には、各種スキルの向上、分野をまたいだ交流、継続した学習・研究が不可欠ですから、そうした機会の提供を通して市民活動を支援します。
  3. 調査・研究・啓発機能 =市民活動が抱える課題、地域の課題、さらに市民と行政の協働の課題等に関し、日常の活動とは別の独自の調査・研究により、その解決の方向を探ります。
  4. 市民・行政への提案機能 =以上一連の機能を果たしていく中で、市民・市民団体・さらには行政に対し、随時、まちづくりに係る行動提案や政策提言をしていきます。