トップページ>平成27年2月の分析

平成27年2月の分析

  2月減少率
(対前月)
順位 2月線量 23.7月線量 減少率
(測定開始以来)
順位 備考
伊達総合支所 0.0% 15 0.164 0.58 71.7% 14  
梁川総合支所 2.5% 8 0.155 0.47 67.0% 15  
霊山総合支所 0.5% 14 0.184 1.05 82.5% 7 25.5除染
月舘総合支所 5.7% 4 0.131 0.72 81.8% 9 25.7除染
富成沼田地区 2.2% 9 0.443 1.94 77.2% 13 24.11周囲除染
富成十区集会所 7.4% 2 0.473 3.10 84.7% 4 24.11除染
富成新若林団地 2.2% 10 0.315 2.17 85.5% 2 25.6除染
富成郵便局 1.0% 12 0.197 1.19 83.4% 6 25.6除染
岩代小国郵便局 0.9% 13 0.211 1.37 84.6% 5 24.9道路改修
大木バス停留所 1.6% 11 0.186 0.97 80.8% 10 24.10除染
末坂バス停留所 3.0% 7 0.383 2.16 82.3% 8 24.9除染
399号線飯館村境 8.3% 1 0.310 1.58 80.4% 11 25.6路肩除染(26.5-9月飯舘村側除染)
月舘相葭飯館村境 4.7% 6 0.953 4.85 80.3% 12  
坂の上集会所 5.6% 5 0.284 2.47 88.5% 1 23.12除染
八木平バス停留所 7.0% 3 0.212 1.40 84.9% 3 24.12除染
  2月減少率
(対前月)
順位 2月線量 23.7月線量 減少率
(測定開始以来)
順位 備考
大柳栃窪地内 1.9% 2 0.351 1.06 66.9% 3 25.1除染
日向前団地 0.8% 4 0.250 0.91 72.5% 2 24.11除染
掛田上組集会所 1.3% 3 0.301 0.78 61.4% 4 25.1除染
相葭公民館 3.6% 1 0.352 1.34 73.7% 1 24.10除染(26.10月道路舗装工事)

○今月も積雪や融雪状態で線量が変化し、雪(水、H2O)による遮蔽効果が観測できた月である。
対前月比の減少率は上記の通りで最少が伊達総合支所の0%、最大が399号飯舘村境の8.3%であった。今年の2月は昨年と比較すると降雪量が少なく、線量の減少率も大きな違いが出た。
昨年2月は2週連続で記録的大雪に見舞われ、測定が出来なかった日が3日から6日あった。399号飯舘村境に至っては12日も測定できなかった。そのために対前月比の減少率が最大で大柳栃窪地内で43.2%、最小で伊達総合支所の11.8%、平均でも25.6%の減少率であった。いかに雪による遮蔽効果が大きいかが再確認できた。
○わがグループでもこうした現象は23年12月~24年4月の期間から毎年観測されていて、積雪によるものと判断してきた。その理由としては、
1.積雪がある時期に空間線量率が低下し、積雪が多い地点ほど低下が大きい。
2.気温の上昇に伴い融雪が進み、積雪量が減少していくにしたがって線量率の増加が見られた。