トップページ>平成26年度伊達市「公募提案型協働モデル事業」採択事業決定

平成26年度伊達市「公募提案型協働モデル事業」採択事業決定

  平成26年3月27日から4月14日まで、平成26年度の補助事業を募集していた伊達市「公募提案型協働モデル事業」に2事業が採択されました。採択された事業の提案団体は「NPO法人環境ワーキンググループ伊達」「伊達市コーラスの仲間たち」、事業期間は採択時から平成27年3月までとなります。

公募提案型モデル事業募集

NPO法人環境ワーキンググループ伊達

平成14年から市民の環境改善活動活性化を目的に活動を続け、平成23年にNPO法人化。震災後から伊達市の環境放射線モニタリングを続けている。

環境ワーキンググループ伊達 伊達市放射線測定マップ

伊達市コーラスの仲間たち

平成18年から合唱活動団体として活動、伊達市旧5町すべてから12団体が参加、組織されている。震災後の平成23年に年1回の定期演奏会「ももの里コンサート」第1回を開催し震災避難者を招待、平成25年6月2日には第3回を開催している。

平成26年度「公募提案型協働モデル事業」採択事業

伊達市「公募提案型協働モデル事業」

伊達市では、多様な地域等の課題について、市民の発想を生かした提案を募集し、提案した団体が主体的に取り組み、市と協働してまちづくりを推進するため、 「協働」によるきめ細かな質の高いサービスの提供により市民満足度を高めるとともに、幅広い協働の実践につなげていくことを目的に、モデル的に実施しま す。

平成26年度「公募提案型協働モデル事業」採択事業

既に採択された事業は次のとおりです。

事業名 事業の概要 提案団体名

1

原発事故における市民の不安解消のための啓蒙・活動事業
  • 原発事故後の3年が過ぎ、市内の除染作業は進み、放射線量は確実に低下してきており、市民の放射線に対する不安は解消されつつある。しかし、市民の中にはこれから低線量における放射能の影響を心配しながら不安な生活を送っているのが現状である。
  • この事業は市内の放射線量の現状について正確な情報を市民に提供・啓蒙することにより、市民の放射能への不安を軽減し、安全・安心な生活を送る手助けをする事業である。
NPO法人環境ワーキンググループ伊達320,000円

2

伊達市民の歌(伊達市歌)制定の推進事業
  • 伊達市制10周年(平成28年1月1日)に向け、市と市民の協働による「伊達市民のうた」(伊達市歌)制定のための具体的提言をまとめる。
  • 具体的事業 市当局との協議(市制10周年担当部局)・市内音楽関係団体との協議・作詞、作曲の専門家との意見交換
伊達市コーラスの仲間たち240,000円