トップページ>平成25年11月の分析

平成25年11月の分析

○今月は前月10月より放射線量が減少した地点はひとつもなかった。
小数点以下2ケタまでの計算で変化なしが伊達総合支所、日向前団地、掛田上組集会所の11地点であり、前月比増加した地点が富成沼田地区、富成新若林団地、末坂バス停、399号線飯館村境、月舘相葭飯舘村境、八木平バス停、大柳栃窪地内、相葭公民館前の8地点である。
もう少し正確な計算をするために小数点以下3ケタで対前月比減少(増加)率を各測定地点ごとに計算してみると(各地点ごとの説明欄参照)減少したのは3地点、逆に増加したのが16地点であった。

○構成のためサーベメーターを11月21日に交換する。(伊達市72号→伊達市43号)
交換前と交換後の線量が交換後に全測定地点で高くなっているので参考のために平均線量を比較してみた。

定点測定地点 交換前(平均) 交換後(平均) 増加
伊達総合支所 0.220 0.235 0.015
保原町大柳字栃窪地内 0.614 0.650 0.036
富成沼田地区 0.669 0.697 0.028
富成新若林団地 0.410 0.432 0.022
富成十区集会所 0.722 0.762 0.040
富成郵便局 0.244 0.277 0.033
霊山町掛田 日向前団地 0.349 0.367 0.018
掛田上組集会所 0.405 0.430 0.025
霊山総合支所 0.257 0.260 0.009
岩代小国郵便局 0.286 0.300 0.014
大木バス停留所 0.258 0.274 0.016
末坂バス停留所 0.552 0.573 0.021
月舘総合支所 0.197 0.208 0.011
399号線飯館村境 0.630 0.661 0.031
相葭公民館前 0.647 0.681 0.034
月舘相葭飯館村境 1.549 1.652 0.103
坂の上集会所 0.466 0.487 0.021
八木平バス停留所 0.341 0.361 0.020
梁川総合支所 0.192 0.203 0.011
平均0.0267増加

このようにいずれの測定地点でも増加し、平均は+0.026μSv/hの増加になっている。検定済みのサーベメーターで許容誤差の範囲に入るかも知れないが、毎日測定しているものとしては、少し大きな誤差と思われる。
したがって各測定地点の前月比の減少率は0か、わずかに増加となっている。このことは各地点ごとに記した。
以上の結果を見ると対前月比の減少率がこのサーベメーター交換が少なからず影響しているように思われる。

○原発事故から今年で2年8ヶ月経過した。セシウム134の半減期も2年も過ぎ、線量の推移グラフの右肩下がりも徐々に緩やかな曲線となってきている。
除染地点は75%以上の減少率となっているが、今後の減少率はどう推移するのか、注視しながら測定を継続していきたいと思う。

 ○参考資料:平成25年5月までの除染後の放射線量推移