トップページ>平成25年9月の分析

平成25年9月の分析

○今月度は対前月比で同じ数値の地点が梁川総合支所、富成郵便局、大木バス停、末坂バス停、399号線飯舘村境の5地点あった。いずれも舗装された面で降水などで放射線物質の移動はないか、または極めて少量であると考えられる。

○周囲の除染の結果、定点測定地点よりも放射線量が低くなっている地点があるが、任意で測定している草地5cmと100cmで9月現在 定点測定地よりも線量が低くなっている地点は次の通りである。
・富成十区集会所―――草地地表5cmで0.49     草地地上1mで0.72         定点測定地0.75
・富成新若林団地―――   〃     0.44        〃    0.40             〃  0.43
・399号線飯舘村境―――  〃     0.50        〃    0.76             〃  0.65
・坂ノ上集会所――――   〃     0.43        〃    0.54             〃  0.49
・日向前団地―――――   〃     0.36        〃    0.33             〃  0.36
・掛田上組集会所―――   〃     0.39        〃    0.36             〃  0.42
・相葭公民館前――――   〃     0.67        〃    0.68             〃  0.68

他にほとんど差がなくなってきている地点は次の通りで、これは周囲の除染の影響と考えられる。
・富成郵便局―――――草地地表5cmで0.40     草地地上1mで0.31        定点測定地0.27
・大木バス停―――――   〃     0.48        〃     0.38           〃   0.27
・八木平バス停――――   〃     0.43        〃     0.54           〃   0.36

○測定開始時の値に対して減少率が今月で80%を超えた地点が次の二か所あった。富成新若林団地80.2%、坂ノ上集会所80.2%である。

 ○参考資料:平成25年5月までの除染後の放射線量推移